活動規約について

第1章 総則(名称)

第1条  この連盟は、福岡県クラブユースサッカー連盟福岡支部(以下、本連盟という)と称する。
(事務所)

第2条  本連盟の事務所を、支部役員会の指定する場所に置く。

第2章 目的(目的)

第3条  本連盟は、九州サッカー協会、福岡県サッカー協会ならびに日本クラブユースサッカー連盟、九州クラブユースサッカー連盟の指導のもとに、加盟クラブ相互の研鑽に努め、加盟クラブの競技力の向上を期し、あわせて地域社会に根ざしたサッカークラブの普及と発展を図ることを目的とする。

第3章 事業(事業)

第4条  本連盟は、第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
1)福岡支部下の第3種年代のクラブサッカー競技大会の主催,主管ならびに後援。
2)加盟クラブの競技力水準の向上に必要な事業に関すること。
3)加盟クラブ相互の協力関係の強化に関すること。
4)クラブサッカーにおける選手育成の一貫指導の啓発および普及に関すること。
5)サッカーに関する情報収集および伝達に関すること。
6)専門的知識を有する指導者の育成に関すること。
7)事業に関する公式記録の作成および保管に関すること。
8)その他本連盟の目的達成に必要な事業に関すること。

第4章 組織(組織)

第5条 本連盟は、財団法人日本サッカー協会の第3種加盟登録したクラブであり第3条の目的を達成するに必要な条件を満たし、日本クラブユースサッカー連盟および九州クラブユースサッカー連盟、福岡県クラブユースサッカー連盟に加盟したクラブで組織する。

2 加盟クラブは、第3条の目的に賛同し第4条の事業を達成できる条件を備えたクラブでなければならない。

3 加盟クラブは本連盟年会費として10,000円を収めなければならない

第5章 役員(役員)

第6条  本連盟に次の役員をおく。
1)支部長     1名
2)副支部長    若干名
3)事務局兼会計 1名
4)大会運営担当   若干名
5)審判部     1名
6)HP運営担当  1名
7)監事      2名以内(支部長)

第7条 支部長は、支部役員会において役員の互選で定める。
2 支部長は福岡県クラブユースサッカー連盟福岡支部規約第3条の目的達成のための事業および第3章の事業を執行する。
3 支部長は福岡県クラブユースサッカー連盟福岡支部役員会の会務を執行する。
(副支部長)

第8条  副支部長は、支部役員会の中から支部長が推薦し、支部役員会で承認を得る。
2 副支部長は、支部長を補佐して業務を行う。
3 副支部長は支部長不在の時、支部長の代行を行う。
(事務局兼会計)

第9条  事務局兼会計は支部長が支部役員の中から推薦し支部役員会の承認を得る。
(審判部)

第10条  審判部は、支部役員会の中から支部長が推薦し、支部役員会で承認を得る。
(HP運営担当)

第11条  HP運営担当は、支部役員会の中から支部長が推薦し、支部役員会で承認を得る。
(監事)

第12条  監事は連盟登録クラブの中から選出する。

2 監事は、会計事務及び業務の監査を行う。

(任期)

第13条  各役員の任期は2年とする。ただし再任は防げない。
2 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。
3 役員は、辞任又は任期満了後においても 後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。
(解任)

第14条 役員の中で、本会の名誉を著しく損なう行為があったときは、支部役員会で審議し、議決により解任することができる。この場合において支部役員会は、議決の前に解任しようとする役員に弁明の機会を与えなければならない。

第6章 会議(会議)

第15条  本会は、次の会議を行う。
1) 支部役員会
(支部役員会)

第16条  支部役員会は、支部長がこれを招集し支部役員会に付議する案件を作成する。
2 支部役員会は支部長、副支部長、事務局長兼会計、大会運営担当、審判部、HP運営担当及び監事をもって構成する
3 支部役員会の議長は支部長が務め会を統括し次の事項を審議し総会に付議する
1)予算並びに決算
2)規約改正
3)役員の選考
4)事業計画並びに事業報告
5)その他、本連盟の目的達成に必要な事項
4 支部役員会は過半数で成立し、その過半数をもって決する。可否同数の場合は議長がこれを決する。
5 役員の3分の1以上から、会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき、支部長は速やかに支部役員会を招集しなければならない

第7章 専門委員会(専門委員会)

第17条  本連盟は業務遂行上必要があるときは実行委員会を設けることができる。

第8章 会計(資産)

第18条  本連盟の資産は、支部長が管理し、その方法は支部役員会の議決により定める。
(会計)

第19条  本連盟の事業遂行に要する経費は、次に掲げるものをもって支弁する。
1)加盟登録費
2)事業収入
3)寄付金品
4)その他の収入
(会計年度)

第20条  本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第9章 附則(細則)

第21条  本規約に基づく連盟の運営に関することおよび専門委員会について、必要に応じて別途細則を理事会において定める。
(施行)

第22条  本規約は、2012年 4月 1日から実施する。